フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ご訪問有難うございます


« 「Sandra Ⅱ」さんの進水式! | トップページ | 「雅丸」さん、いざ新天地へ! »

2017年3月 4日 (土)

2017国際ボートショー行ってきました!

3月2日横浜で開催の「2017国際ボートショー」に行ってきました。

Img_48601  初日は、一日中の雨rain

おまけに寒い・・・shock

Img_48561  横浜ベイサイドマリーナの

フローーティング展示場も

傘が、手放せません。

Img_48591  簡単に中を見せてもらえる

雰囲気では無いので coldsweats01

足早にくるっと一周。

(比べて、関西のボートショーは、庶民的かも・・・think )

Img_48671  一泊して・・・

Img_48681  翌日は

快晴にsun

恵まれました。

Img_48741  パシフィコ横浜の

展示会場へ向かいます。

私的に、今回の注目は・・・

ヤマハFR-32の後継モデルと言われている

Img_48291  ヤマハDFR-33

Img_48301  DFRシリーズの

スクエアバウを踏襲する

このシルエットです。

居住空間重視のキャビンだったFR-32から

Img_48441_2  メインキャビンの

フロア長を長く取る事で

着座時の乗員間隔に  

Img_48462  ゆとりを持たせ

圧迫感を無くし

開放感のある大きな窓で

航行中の空間を重視しています。

Img_48361  その分、バウバースは

犠牲になり、一人仮眠程度。

賛否の分かれるところです。think

Img_48391  アフトステーションは・・・

12インチのGPS魚探を横向きにビルトイン

Img_48481  運転席と同じレイアウト

これ、今までなかった?

左にハンドル、右にスロットル。

これは、操船しやすそうです。

Img_48471  また、大きな窓は、

アフトステーションからの

視界の確保にも貢献しています。

Img_48401  バウデッキのレイアウトは、

YFRで好評の着座スペースと

キャスティングしやすさを追求。

釣好きの方のために配慮した・・・

設計者の意図が、強く感じられます。confident

Img_48331  エンジンはVOLVOD6-435を搭載sign01

今秋からヤマハラインナップに追加。

期待が高まります。lovely

時同じくして・・・

ヤンマーEX33の後継モデルが参考出品されています。

Img_48781  EX38で好評の

せり出したステムと

大型フィンキールが特徴です。

Dsc_00731  このボートショーに向けて、

EX PROTOTYPEと銘打って出品

ブリッジは、開発中との事です。

Img_48161  驚いたのは窓が、開きません。

エアコン標準装備を

検討しているそうです。good

Img_48261  ブリッジのFRP、ウィンドの断熱

CO2冷媒を使用したマリンエアコン等、

新兵器sign02を開発中。

Img_48181  エンジンは

ヤンマー6LY2-440を搭載して

大きく馬力アップです。up

こちらも、今秋発売との事。

ボートフィッシングユーザーのあこがれ、

フィッシングクルーザー路線・・・

両雄、相譲らずっていう感じです。happy01scissors

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

« 「Sandra Ⅱ」さんの進水式! | トップページ | 「雅丸」さん、いざ新天地へ! »

コメント

BB Ⅲさん、コメントありがとうございます。

DFR-33気に入って頂けましたか。

また、詳しくわかりましたら、ご報告しますね。

宝クジ当たればもちろん。当たらなくてもよろしくです。happy01scissors

こんにちは!
横浜ボートショー良いですね。
行きたかったけど行けませんでした(T_T)
新しいモデルはDFRシリーズになっていくんですね。
DFR33なかなか魅力的です!
早速宝クジでも買いに行ってきます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167770/64968319

この記事へのトラックバック一覧です: 2017国際ボートショー行ってきました!:

« 「Sandra Ⅱ」さんの進水式! | トップページ | 「雅丸」さん、いざ新天地へ! »