フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ご訪問有難うございます


« YF-24オリジナルベンチシート完成! | トップページ | 3月釣果の少ない中・・・ »

2014年3月22日 (土)

話題のマルチスキャンの振動子

組長丸Ⅲ」さんに施工中の・・・

Img_6923カラーマルチスキャン

振動子の取り付けベースが

完成しました。

Img_7747振動子が中で上下する

塩ビのタンクパイプは、

イケスの深さを考慮して

長さを3種類ほど作製してみました。

タンクパイプを短くすると・・・

操作する都度、イケスの中に上半身を突っ込んで、

冷たい水の中に手を入れないといけません。

長くすると・・・

手動パイプがイケスの蓋から突き出します。

悩ましいところだったのですが・・・

オプションで優れものがあるのを知って

Img_7791一番長い塩ビパイプを採用。

垂直に

設置しました。

オプションの重さも考慮して、

船底と壁面で強度を持たせます。

Img_8086これがそのオプション。

SUS製手動パイプ金具です。

今は振動子が出ている状態。

Img_8092徐々に引き上げて・・・

Img_8091_2一杯に引き上げます。

これで振動子がタンク

パイプ内に収納完了。

でも、このままだとイケスの蓋が閉まりません。

Img_8090ここからが優れもの

振動子が突き出した長さ分、

90度にポッキリと、折れます。

これで収納時でもイケスの蓋が閉められます。

水密性が気にならないイケスの区画ならでは・・・

どうです~。

Img_8078船底は・・・

やさしくほんわりとした

ふくらみに仕上げました。

出来上がりは・・・

近日、弊社ホームページの

こんな事やってみましたコーナー」で、ご紹介致します。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

« YF-24オリジナルベンチシート完成! | トップページ | 3月釣果の少ない中・・・ »

コメント

2019年にはSINN社から独立しました BR02のベルトは正直に言わせて頂きますと、ラグ取り付け箇所部分のベルトが固く、装着時にラグ部分に負荷がかかり、 切れやすいです。
オーバーホールとは、時計を部品単位まで全て分解した後、汚れやごみを全て除去した後に、必要な箇所に注油をして元通りに組み立てる作業を指します。
摩耗や劣化で交換が必要になった部品は、ベル&ロス純正品で対応することが可能です。
※クレジットカードでのお支払は勿論、代金引換にてのお送りもさせて頂いております。
名古屋の某ショップさんでは 時計を預け、ベルト代金とベルト交換代金(3,000円)も支払わねばなりません。
デザインは好みがありますが、ベルロスの時計にデザインの上で、特別秀でたものを私個人は感じません。
独特な形状のお時計も専用の工具で新品同様に復元させていただきます。
腕時計メーカーとしてはまだ若いメーカーでありながら、独立後シャネルからのバックアップを受けるなど、その知名度と期待度は折り紙付き。
ラルフ・ローレンが2005年発表の「BR01」に一目惚れし自社の広告ビジュアルに大々的に使用したのも有名です。
すぐと言ってもノーメンテで10年近く普通に使える時計もありますがね。
飛行機のコックピットの計器を模した角型の軍用時計で知られています。
そういう観点から機械式時計なら全て丈夫と言えます。
手を加えないで、ポン載せして、時計は50万です。
ベル&ロスの腕時計を売るときに一番気を付けるべきは、買取店選びです。
オーバーホールをしたとしても、買取価格にそれをペイできるだけの上乗せは期待できないからです。
古き良き時代のヨーロッパを思わせるようなルックスから、やはり高価買取の期待できる品となっています。
4.1 ベル&ロスに理解ある買取店を選ぶ!当店のベル&ロス専任技術者が豊富な経験でお時計に起こっているどんな小さな不具合も見落とさずに状態を診断いたします。
当店ではベル&ロス(BELL & ROSS)の修理を多数行っております。

誕生日プレゼント https://www.cocoejp.com/ProductList1.aspx?TypeId=359608158031370

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話題のマルチスキャンの振動子:

« YF-24オリジナルベンチシート完成! | トップページ | 3月釣果の少ない中・・・ »