フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ご訪問有難うございます


« ひっさびさの大物! | トップページ | 定員考えて・・・進水式「K'S」さん »

2007年4月13日 (金)

恐るべしビルジキール!

もうすぐ、進水予定の「K'S」さん、かねてよりの秘密兵器「ビルジキール」が完成しました。漁師さんの呼び方では、「ローリングチョッパー」とも言うそうです。

それでは、「ビルジキール」をご覧下さい。近日「こんな事やってみました」コーナーにアップの予定です。

Cimg0839ちょっと気付きにくい

船べりから飛び出した翼

強度も充分すぎるほど、考えました。

Cimg0840 Cimg0841

Cimg0842力強い!

翼!

これが、静止安定を驚くほど良くしてくれます。ジギング、ボトムフィッシングには強い味方です。プレジャーボートでは、普及していませんが、漁船には昔から付いていました。

Cimg0843 ほんと、いい感じに仕上がりました。

走行には、ほとんど影響なくトップスピードも落ちません。ただ工期がかかり、コストを下げれるようにするのが今後の課題です。

今度の日曜、私も効き目を楽しみにしていま~す。

« ひっさびさの大物! | トップページ | 定員考えて・・・進水式「K'S」さん »

コメント

マリン大阪
   中島 様

 早速にご回答をいただき感謝いたします。(ご返事したつもりでおりましたが、パスを打ち込まず、未送信になっていたようですので、再度送ります。)現在、会社で係留保管している艇について、台風時の陸上保管を検討するよう指示を受けまして、見れば数年前に後付けしたビルジキールがあったことから、さてどうしたものかと迷っていたのです。先ずは、キール幅以上の角材を当て、スリングベルトを受ける方法を考えていますが、これに失敗したときに、キールの船尾部を完全カットするか、スリングベルトの当たり部分を一部カットするか等考えていましたが、キールの効用がなくなるのではないかと心配していた次第です。お陰様で、最悪の場合はカットを考えようと思っています。良いアドバイスをありがとうございました。

石井和行様
この度は、コメントありがとうございます。

2年前の記事でありながら、今でも人気記事ランキングの常連になっているこの記事、恐るべしです。

クレーンで上下架するマリーナでは、スリングベルトの前後長内で収まる寸法で取付しました。長さ2m位でも効果はありましたよ。

また、最近入荷した中古艇SF-31Ⅲは、ベルトのかかる部分をカットしました。ホームページの特選中古艇を御覧下さい。

この記事のオーナーは係留保管で、メンテの時は、このマリーナのレールで上架されるので、よく効くように長尺のビルジキールにされました。

ご参考になりましたら幸いです。


後付けビルジキールについて
 マリーナ等で吊上げ・降ろしの際に破損しないのでしょうか。スリングベルト使用した場合、この部分をどのように保護すれば良いのでしょか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167770/14670089

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべしビルジキール!:

« ひっさびさの大物! | トップページ | 定員考えて・・・進水式「K'S」さん »